【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

お姑さんとの仲は良好ですか?仲が良かったとしても、気遣いなどがあり、心の底から家族になれる女性は少ないもの。このまま良好な関係を続けていきたい嫁や、姑が喜ぶことをあえてしたくはない嫁は、姑が喜ぶ行為を押さえておく必要があるでしょう。ここでは、姑が喜ぶ振る舞いと嫌がる振る舞いを10個をご紹介しますので、目的に応じて使ってみてくださいね。

 

姑が喜ぶ振る舞い5個

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

世の中の姑は嫁と仲良くしたいと感じています。一昔前のように意地悪な姑は基本的には減少し、嫁に気を使う姑が多いことでしょう。いわゆる美姑と呼ばれる存在ですよね。そのため、姑が喜ぶ振る舞いをしっかり把握し、その通りに振る舞えば嫁・姑関係は良好に保てるケースが増えています。見ていきましょう。

 

お仏壇にお土産を

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

姑との仲を良好に保つためには、ご先祖様を敬う行為が喜ばれます。もしも、舅や、姑の両親が他界している場合には、感謝される振る舞い。お仏壇にお供えできる手土産を持参し、帰省時には、真っ先にお仏壇にお線香を上げて手を合わせるだけでも、姑は「いい嫁だ」と感じてくれますよ。家事などがあまりできなくても、「礼儀正しい」と感じられておすすめです。

 

夫のことを褒める・愚痴を言う

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

姑の前で、夫のことを褒める行為も喜ばれます。褒める行為はそれだけで姑の自尊心をくすぐっておすすめ。しかし、夫の話題であれば、愚痴を上手に言うことも姑の心をくすぐるポイントです。ただの悪口ではなく、「夫の心がわからないのですが、この場合はどうしてらいいのでしょうか?」などと愚痴ることで、姑は張り切ってアドバイスをしてくれます。間違っても「育てた親の顔がみたいわ」などとは言わないこと。愚痴のこぼし方にもコツがあります。

 

手料理を振る舞いながら「教えてください」

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

姑のいる実家に帰省したなら、率先して、キッチンに立ってみましょう。ただし、姑によっては聖域を侵される行為を嫌がります。もしも「座ってて」と言われたなら素直に従いましょう。もしも、手料理を振舞うことを快諾してもらえたなら、一言「夫は、お母さんのお料理がやっぱり美味しいと言うんです。コツを教えていただけませんか?」などと言ってみると、喜ばれます。手料理を作ろうとしてくれる心遣いに喜び、且つ、自分の息子のために料理上手になろうとする姿勢が感じられるためです。また、姑を立てる行動に感動してくれるはず。

 

孫の写真をこまめに贈る

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

もしも子どもがいるようであれば、孫の写真はこまめに送りましょう。例えば、あなたがInstagramをやっていれば、Instagramに孫の写真をアップして、アカウントを共有することで簡単に実現できます。各種、通信会社のストレージサービスなどでも姑の実家でテレビで孫の動画を見られておすすめ。このように孫の画像をこまめに贈ることで、姑と嫁の仲良し度はぐんとアップすることでしょう。話題もつきませんし、頻繁な会話でもスムーズにいきますよ。

 

一緒にお買い物に行く

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

姑が密かに憧れている行動が嫁と仲良くショッピングに行くこと。「お母さん、一緒に子どもの洋服選んでもらえませんか?」などと上手に連れ出してみましょう。孫のための洋服であれば、姑からのプレゼントも期待ができます。もちろん自分の洋服でもいいですし、食料品のお買い物でもOK。夫の洋服でも「好みを教えてください」などと謙虚に切り出すことで姑は嬉しい気持ちになりますよ。たまには、あなたが、姑にプレゼントを贈っても喜ばれますね。

 

姑が嫌がる振る舞い5個

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

姑が嫌がる振る舞いも押さえておくことで、姑に嫌われる心配が少なくなることでしょう。もしくは、姑と仲良くしたくないケースでも有効に利用できますよ。

 

夫や舅の悪口を言う

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

姑の前で夫や舅の悪口を言うと一発で嫌われるでしょう。愚痴ではなくて悪口です。「稼ぎが少なくて生活ができない」「舅がいやらしい目で見ている」などと言うことで、姑は傷つきます。姑の前では悪口は控えて、相談などに止めるようにしましょう。

 

孫に会わせない

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

あまり実家に帰らない、孫のためのプレゼントを拒否するなどの行為は嫌われます。「お菓子は勝手に与えないでください」などと言うと姑は気を悪くすることでしょう。姑だって、自分の子どものことを思い出して少しは世話を焼きたいものです。母乳育児だったとしても、「ミルクあげてみたいわ」などと言われたなら、快くミルクを与えてもらうことを承諾しましょう。自分の実家にばかり帰省し、姑の家に顔を出さない行為は姑を傷つける行為です。

 

姑の家で我が物顔で振舞う

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

姑の実家であまりにも我が物顔で振舞う行為はマナー違反。冷蔵庫を無断で開ける、許可なくキッチンを利用するなどは控えるべき行為です。実家ですが、あなたの生家ではありません。身の程をわきまえた振る舞いをしないと「うちの嫁は図々しい」などと感じられてしまいますよ。

 

家事を一切手伝わない

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

とはいえ、家事を一切手伝わない行為にも実は姑はイラッときます。もちろん、「いいのよ、座っていて」などと言われたケースではしつこい申し出はむしろ嫌われるかもしれません。しかし、聞くこともせず、ただ座っているだけ、寝ているだけの行為はもってのほか。一言「何かお手伝いはありませんか?」などと聞くようにしてください。姑によっては、朝一番に起きて、掃除、洗濯、食事の支度は、嫁がやるのが当たり前、と感じている姑がいるかもしれません。姑の世代やタイプによって、家事のお手伝いは正しく理解して行動する必要があります。

 

お年寄り扱いはイラッとくる

 

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

姑とはいえ、まだ40代や50代、60代の場合には、極端なお年寄り扱いは厳禁。あなたの年齢によっては若いお姑さんがいますよね。席を譲ったり、エレベーターをすすめたりは控えましょう。気遣いとの切り分けが難しいですが、姑が傷つくような年寄り扱いはイラッとされてしまうかもしれません。実年齢よりも自分は若いと認識している姑は大勢います。できれば女友達と付き合う感覚で接した方が喜ばれるでしょう。

 

まとめ

 

【嫁姑】姑が喜ぶ振る舞い・嫌がる振る舞い10個

 

嫁姑の仲は良い方が珍しいのかもしれません。しかし、昨今では姑が気遣うケースが多く仲良し義理の親子のパターンも増えています。もしも、良好な嫁姑の関係を望むならあなたの方から姑の喜ぶ行いを実現し、嫌がる行動を控えましょう。
反対に姑とは仲良くしたくない嫁であれば、嫌がる行動を行うことで、近づいてはこなくなるかもしれません。
できれば、嫁姑関係は良好に保つ方が、夫婦間の安定にもつながります。姑のご機嫌をとって、夫婦関係も良好に保ちましょう。